はんこの専門店 鈴印ドットコム

印鑑・ハンコ(銀行印・実印・シヤチハタ)なら株式会社 鈴印(栃木県宇都宮市)にお任せ下さい!

鈴印

はんこ手彫り作業

HOME > はんこのお話 > はんこ手彫り作業
字入れ作業

字入れ作業

まず、印材に朱墨を塗り、字入れ用の「字割り」をします。鉛筆で下書きをして、その上から筆で墨を入れます。印鑑作成で一番大切なところです。


荒彫り

荒彫り

字入れに沿って文字が消えないように注意しながら、印刀で全体を荒く彫り上げます。この段階で手を抜くと仕上がりが悪かったり、仕上げの印刀の先を折ったりします。


荒彫り完成

荒彫り完成

荒彫りが終わった時点で「とくさ」という道具で印面を平らにならします。そこに黒い墨を打ち付けて文字をハッキリさせ仕上げの準備をします。


仕上げ途中

仕上げ途中

順番としてはまず外枠を仕上げ、それから文字の仕上げに入りますが、全体のバランスを考えて「一番画数の多い文字」から仕上げ、その文字の太さにあわせて他の文字を一文字一文字仕上げていきます。


仕上がり

仕上がり

この段階で印を押さなくても仕上がりの良さが解ります。完璧な仕上がりです。


完成 - ケース入り

完成 - ケース入り

完成しました。ケースに入れてお客様のもとへ。